食わぬ飯が髭につく

くわぬいいがひげにつく

身に覚えのないことで疑いをかけられることの例え。食べもしなかったご飯粒が知らない間に髭にくっついていて、ご飯を盗み食いしたのではないかと疑われてしまった…ということから。

食わぬ飯が髭につくことわざ

ねえねえ、お父さん、私が大事にとっておいたプリン勝手に食べたでしょ!!冷蔵庫に入れておいたのに無くなってる!ひどいじゃない!

食わぬ飯が髭につくことわざ

きょ、きょうこ。ひどいなあ、お父さんが勝手にきょうこのプリン食べるわけないだろっ!

食わぬ飯が髭につくことわざ

ごまかしたって分かってるんだからね!鏡を見てみなよ。ちゃーんと証拠がついてるんだから。

食わぬ飯が髭につくことわざ

!!!!(プリンついてるしーーー)

きょ、きょうこ、誤解だよ。【食わぬ飯が髭につく】っていうだろ?」

お父さんはぜーったい盗み食いなんてしていないさ(汗)

さてさて、今回ははっきり証拠が残っていましたが、実際には盗み食いの話ではなく、身に覚えがないのに疑いをかけられてしまうという意味でつかわれることわざです。

よくニュースで「犯人は身に覚えがない」と言っていますが、食った飯が髭についているのか?食わぬ飯が髭についたのか…

kakurakyo

シェアする

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。