若いときの苦労は買うてもせよ

若いときの苦労は買うてもせよ

わかいときのくろうはこうてもせよ

(意味)若いときの苦労は自分を鍛え、将来の糧になるから買ってでもする気持ちで精進しなさいとういうことわざ。

(類)艱難汝を玉にす(かんなんなんじをたまにす)

(英語では?)Heavy work in youth is quiet in old age.(若いときの重労働は置いてからの安泰だ)

若いときの苦労は買うてもせよ

 あーもう、最近仕事が忙しいし、顧客の要望に応えるために勉強もやらなきゃとてもじゃないが仕事にならない。今の仕事はやりがいがあるのだが、最近マチ子さんとデートもできてないしなあ。

まあ、彼女は割とその辺は理解がある女性だからいいとして、、、

僕のこの努力はいつか報われるのだろうか…

若いときの苦労は買うてもせよ

おやおや、かつみくん、悩んでおるようじゃな。

今の仕事は好きなんじゃろ?でも忙しいばかりでなかなか達成感が得られてないのじゃな…

しかしなあ、【若いときの苦労は買うてもせよ】っていうことわざがあってな、昔の人はうまい具合に言ったもんよなあ。

今はまだ結果が出てないが、今精一杯頑張っておることはこの先の人生の中のいい経験値を積み重ねておるんだよ。

わしみたいにおいぼれになってから大抵の人間ってやつは「あの時ああしてればもうちょっとましな人生になってたかも…」とか努力も中途半端にいうもんなんじゃよ。

だから苦労を買うくらいの気持ちで精一杯やることじゃな。


なるほど。人生というダンジョンの経験値をアップしているんだな。課金してでもそりゃ経験値アップしたいね。できれば10連ガチャでもいいからやりたいなあ。レアが出るかもしれないもんな。

 おいおい、あくまでも例えじゃよ。まあ、時には大きな決断をするときも来るだろうが、努力を博打みたいに考えちゃいかんぞ。

kakurakyo

シェアする

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。