鉄は熱いうちに打て

てつはあついうちにうて

鉄は真っ赤に焼けて柔らかくなっているときに打って鍛えるように

  1. 人間も若くて柔軟な時に鍛えておくべきで、年を重ねた後では冷めた鉄のように固くなってしまい効果が上がらないというたとえ。
  2. 物事は時機を逃さず皆の熱意があるときに行動をおこせというたとえ
f:id:kakurakyo:20190414015647p:plain

じゅんぺいくんはとても頑張り屋さんだね。

日本人は勤勉だと聞いていたが特に君はすごいなあ。

スポーツも頑張っているし、勉強だって頑張っているし、なんていったって君はまだ学生だというのに人の話をよく聞き向上心にあふれているよ。

f:id:kakurakyo:20190414103006p:plain

ありがとうございます。

でもまだまだ若輩者ですよ。

亡くなった祖父の影響でしょうか。【鉄は熱いうちに打て】と幼い頃からいろいろなことにチャレンジさせてもらえていることにも感謝しています。

両親をはじめまわりの人たちの支えなしには僕もいろいろなことに挑戦することもできなかったでしょう。

これからも日々精進して将来は両親はもちろんのこと世の中のためになる人間になりたいと思っています。

f:id:kakurakyo:20190414015647p:plain

ブラボーだね。

【鉄は熱いうちに打て】か。

英語ではStrike While the iron is hot. というんだ。

僕も君を見習って柔軟にもっと日本のことを学んで行きたいな!

kakurakyo

シェアする

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。